本文へスキップ

(有)サツマ火薬銃砲販売所は、産業火薬、銃砲類、スキート射撃を専門とする鹿児島市内にクレー射撃場を持つ老舗の銃砲火薬店です。
です。

TEL. 099-222-3398

〒892-0838 鹿児島市新屋敷町21−6

Beretta DT11 ACS (All Competition Shotgun)

世界中のトップシューターに選ばれているベレッタ最新型競技用モデル「DT11」。
今回「アジャスタブルコム」「セミハイリブのアジャスタブルリブ」「交換チョーク」「セレクター」を搭載した、豪華フルアジャスタブルモデルが初入荷となりました。
その名も「DT11 ACS」(オール、コンペティション、ショットガン)。
30インチ銃身に交換チョーク、セレクター付きなので、名目上はスポーティングに位置づけられますが、セミハイリブを搭載したトラップ専用銃として使っていただきたい逸品です。
もちろんチョーク交換でスキートもお楽しみいただけます。他のモデルとは一線を画す最新型、トラップ上級者向けの「DT11」と言っても過言でありませんが、その名の通り、オールマイティに使っていただけます。
弊社でオーダーから入荷まで1年半待った待望の「ACS」です。
今現在国内には、この1丁しか存在しない超希少な正規輸入品です。

詳細はお問合わせください。


「Beretta DT11 ACS」
「ベレッタ DT11 エーシーエス」

○○○○○○○○イメージ


















「可動コム」
「セミハイリブの可動リブ」「交換チョーク」「セレクター」を搭載した、「DT11」になります。
おそらく皆さん、未だ見たことないモデルだと思います。
トラップ銃としてお使いいただける贅沢な逸品です。

どうぞごゆっくりご覧になって下さい。

最先端のトラップ競技専用銃です。
銃身は30インチ、プルレングス37.0センチ、重量は3,766グラム。
銃身重量は、1,530グラムです。(交換チョーク2本取り付け時)

○○○○○○○○イメージ




○○○○○○○○イメージ









まず「DT11 ACS」は、ベンド調整を可能にするアジャスタブルコムを採用しています。
コムの調整が出来ることで、より構え方が安定します。銃床を自分で削ったり、盛ったりする必要なく、あなたにとってベストな銃床にアジャスト出来ます。
ょ銃は射撃の基本中の基本でありながら、実は難しく、一生つきまとうほど最重要と言っても過言ではありません。銃に体を合わせるのではなく、体に銃を合わせる。
そんな理想的な銃床を持った銃がこの「DT11 ACS」です。
それではまず、アジャスタブルコムについて、ご紹介していきます。

○○○○○○○○イメージ












○○○○○○○○イメージ





















○○○○○○○○イメージ
















○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ


































↑上の写真見て下さい。コムの部分の上下調整はもちろん基本ですが、更に上下だけでなく、左右にも調整が可能になっています。
専門用語では、キャスト調整、銃と頬の奥行き調整といってもよいでしょう。
これにより頬と銃のフィット感は抜群にアップします。
上下左右の二次元調整であなたにぴったりの銃床にアジャストして下さい。
付属の六角レンチで調整します。

次に
「セミハイリブの可動リブ」をご紹介します。可動リブを持つ銃は世界でもあまり見かけることはありません。
リブの銃口側を上下させ、リブの傾きを調整することで、視点、狙点をよりお好みにアジャストできます。
可動コムによりしっかりとした、きょ銃が出来るからこそ、この可動リブが威力を発揮します。
同じ構え方でもリブの角度で狙点は変わります。

クレーが左右に飛ぶスキートと違い、地面から上方向にクレーが飛ぶトラップでは、上下の狙点の重要性は更に高くなります。
コムの上下左右調整と、リブの角度調整、この3次元調整が出来るのが、上級者向けの「DT11 ACS」と言われる所以です。
さらにセミハイリブなので、より視界が広く見え、見た目にも重厚感があり、超ダンディだとは思いませんか?
DT11の「セミハイリブ&可動リブ」絶対的な存在感、見た目にもインパクトがありますよね。

○○○○○○○○イメージ



○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ















































リブの可動方式はまず、上の写真先台の上部、写真@が支点になり、銃口側が上下に可動します。

写真Aは銃口側の調整ダイアル。
ここを回すことで銃口側のリブが上下します。

写真Bは調整目盛り。
現在銃口側のリブがどのくらい上下に動いているかが目盛りで確認できます。
セッティング時にはこの目盛りをしっかり記録しながら撃つことをお勧めします。
写真ではリブは、ほぼフラット状態で固定されています。

可動リブのイメージ、お分かりいただけましたか?
可動式セミハイリブは、同じ正確なきょ銃でも、狙点をあなた好みにアジャストできる強い武器になること間違いなしです。

○○○○○○○○イメージ












○○○○○○○○イメージ




















調整する際、きょ銃ポジションをしっかり確認できるように、中間照星も取り付けてあるところが更に心強いです。
○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ



































銃身内部は高い鋳造技術の必要な、新設計の「スティーリアムプロ」(ゆっくり絞り込んでいくことで、反動軽減、パターンの向上を実現)を新たに採用しています。
ベテラン射手ならご理解いただけると思いますが、パターンが向上することで、ギリギリの失中を、1点につなげることができるでしょう。
引き金を引いた瞬間の「あ、やばい!」が「あー良かった!」になる感じ、お分かりいただけると思います。
ライバルのペラッチ社では、最新型の「ハイテック」にも使われている最新技術のバレルです。
銃口部にはベレッタ最新の「オプティマチョークHP」を採用。
シーンによって絞りを替えられます。

○○○○○○○○イメージ






















○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ


































交換チョークは5本(IM,M,IC,CL,SK)付きです。チョーク先端もカラフルなので見た目も楽しめますね。現在の標準装備では、フルチョークが付属しませんので、フルチョークの追加をおすすめします。
他のチョークの追加も可能です。
DT11スキートに付属の銃身内に収まるチョーク、付属の20ミリアップチョーク、さらに50ミリアップチョークもお選び頂けます。
トラップ用の銃ですが、チョークを替えれば、スキートも楽しめます。これも「DT11 ACS」の魅力のひとつです。
○○○○○○○○イメージ




















次にスポーティングモデルにも採用されている「セレクター」についてご説明いたします。セレクターはDT11の「スキート」「トラップ」には無く、「スポーティング」、「ACS」に与えられたものです。
「セレクター」
とは、上下の銃身の初発を選ぶ事が出来ます。
通常上下二連銃は下の銃身から発射され、上の銃身は2発目となるのが一般的です。DT11をはじめとするベレッタの上下二連銃も同様です。下の写真のトップレバーの左側に
赤丸が見えると思います。ココを左右に切り替えることで上下の初発を選ぶことが出来ます。一見必要無いようですが、上下の交換チョークの絞りを替えた際にセレクターが力を発揮します。例えばスキートのリバース(逆)ダブルを撃つ際など、力を発揮することでしょう。
この機能はベレッタでは、
「スポーティングモデル」、「ACS」ならではです。
○○○○○○○○イメージ 下の写真は赤丸が1つ見えています。この状態ですと通常通り下の銃身から発射されます。○○○○○○○○イメージ下の写真は赤丸が2つ見えています。この状態ですと上の銃身から発射されます。○○○○○○○○イメージ




















DT11のレシーバーは艶消しと鏡面仕上げのツートンカラーにブルーのラインが魅力的です。一切の無駄を省いた、まさに戦う為のシンプルな仕上げですね。
「ACS」はそこに存在感たっぷりの「セミハイリブ」が重厚感を感じさせます。
スタンダードのDT11との違い、お分かりいただけますでしょうか?
○○○○○○○○イメージ















○○○○○○○○イメージ



















レシーバー下部には、「DT11」「ベレッタスリーアローズ」のマークがベレッタブルーで鮮やかに、そしてさりげなく施されています。
射撃場の銃立てに置いた際、この
ベレッタブルーが際立ちます。

○○○○○○○○イメージ

















前モデル「DT10」から改良されたワイドレシーバーで銃の重心を中心部に持ってくる設計でバランスも向上。スイングしやすくなり、銃が軽く感じられます。
トップレバーは人間工学に基づいて作らており、左撃ちの方にも使いやすいデザインです。

○○○○○○○○イメージ

















○○○○○○○○イメージ

















トリガーユニットは取り外しがワンタッチで、試合中の急なトラブルにもトリガーユニット交換(スペアトリガーユニットは別売り)で即対応できます。ハンマースプリングには、ベレッタ最高峰の松葉スプリングを採用。
これらのシステムはベレッタ競技用モデルでも、DT11にしか使われていません。
世界のトップシュータ―が選ぶ「引き金の切れ味」を実感できるはずです。
○○○○○○○○イメージ


















トリガーは射手の手の大きさ、指の長さに合わせられる、
前後調整機能付きです。
引き金フィーリングにこだわった、ベレッタの親切設計です。
○○○○○○○○イメージ


















高級感のある美しい木目もお見せします。
銃は工業製品ですが、木部にはそれぞれに個性があります。世界に1丁しかない自分だけの銃なので、使い込んでいくほど愛着が湧いてきます。
左右異なる綺麗な木目も是非ご覧ください。

○○○○○○○○イメージ

○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ










































○○○○○○○○イメージ























○○○○○○○○イメージ




















ケースは「アジャスタブルセミハイリブ」を持つリブASC用に作られた、大き目のハードケースです。
ベレッタスリーアローズ立体ロゴも大き目で目立つこと請け合いです。
パーツ専用ケースも、きちんと収納できる内部設計も嬉しいですね。
3か所にナンバーロックがかけられます。

○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ



















































付属のスペアパーツケースには、コム調整&リブ調整用六角レンチ、コム調整用Оリング、トリガー調整用のドライバー、照星、撃針、銃床部に取付けられるバランスシステム専用のおもりが入っています。
純正空撃ちケースも付属します。

○○○○○○○○イメージ

















交換チョークは5本付きです。銃身に着いていない3本、チョークレンチ、純正オイルが入っています。
○○○○○○○○イメージ



















「Beretta DT11 ACS」の画像もっとお見せいたします。
○○○○○○○○イメージ

○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ

○○○○○○○○イメージ












































































○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ○○○○○○○○イメージ























































































「Beretta DT11 ACS.」
「ベレッタ DT11 エーシーエス」


如何でしたか?
「アジャスタブルコム」&「アジャスタブルリブ」&「交換チョーク」&「セレクター」を搭載した、他のDT11と全く異なる、超豪華装備の「DT11 ACS」、お気に召していただけましたでしょうか?

トラップシューターの皆さん!
今まで「DT11」とは違います。
完成されたと言われる「DT11」ですが、この「ACS」であなた好みのセッティングにアジャストして、さらに上の次元を目指しませんか!

今ならすぐに申請可能です。

重厚感漂うこの希少な「Beretta DT11 ACS


ぜひご検討よろしくお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

○○○○○○○○イメージ







○○○○○○○○イメージ










お問い合わせ先

(有)サツマ火薬銃砲販売所
TEL. 099-222-3398 FAX. 099-222-6097
e-mail. satsumaex@po.minc.ne.jp
携帯電話、スマートホンの方は、弊社よりメールできない場合がございますので、メールフィルター等の設定をお願いいたします。




バナースペース

(有)サツマ火薬銃砲販売所

〒892-0838
鹿児島市新屋敷町21−6

TEL 099-222-3398
FAX 099-222-6097
E-mail satsumaex@po.minc.ne.jp

携帯電話、スマートホンの方はメールフィルター等の設定をお願いいたします。

http://www.satsumakayaku.com